コンテンツへスキップ

自己破産、民事再生、任意整理はひっくる

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがそのメリットは様々あります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずスタートラインから再出発できます。第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は守ることができます。それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、また取引の際の金利や期間次第で過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。
債務整理が済んだ後は、携帯料金の分割払いができない状態になります。

これは携帯電話代の分割というものが、お金を借りていることに該当してしまうためです。そんなわけで、携帯電話を買おうと思うのであれば、一括でお金を払って買うことにするほかありません。もし、個人でも債務整理ができたら良いですよね。

しかし、聞きかじっただけの知識では通用しないでしょう。

また、膨大な数の書類を揃えなければいけませんし、長い時間も必要になることが予想されます。

こうしたことを踏まえると、債務整理には司法書士や弁護士などのプロに依頼する方が成功しやすいと言えるでしょう。
知識も経験も豊富な弁護士であれば、無事に債務整理が終わるまでの時間も短くできると思います。今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。

ところが、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。

そして、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、知らぬ間に借入額が年収を凌ぐまでに大きくなっている場合も珍しいことではありません。

そういった場合はハードな返済になりますので、債務整理を勘案するべきです。

債務整理を行う際は、公務員の場合はいずれ職場に分かってしまうだろうと考えている人は意外と多いものです。しかしある特殊な状況でなければ、知られることはありません。

自己破産はダメですが、任意整理や個人再生なら、本人から話を持ち出さない限り、会社に知られる可能性はありません。
しかし公務員だと、共済会などから融資を受けている場合は、知られてしまう可能性が高いでしょう。近頃はあまり見かけませんが、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。どのようなものかというと、借入先に対し既に過払いになっている金額がある場合に有効な債務整理のひとつです。

過払い金の返金が気になるでしょうが、実は特定調停の場では返金要求は不可能ですので、別途請求することになります。一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、債務を完済している時点で請求可能となります。
親や配偶者などの遺産を相続する場合、本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、債務が相続財産を上回る場合は気づいたときには借金を背負っていたなんてことになってしまいます。

しかし、対策はあって、早いうちに債務整理をするのです。資産の一切を失う自己破産ではなく、資産は失わずに済む任意整理が行われるのが普通で、裁判所は通さずに、弁護士や司法書士を介して債務総額の減額を債権者にお願いすることになります。

こうした事態を招かぬよう、遺産の相続は慎重に行いましょう。幾つかの金融機関からの借り入れや複数のカードで借入をしていると月々の返済額がかさんでしまい、暮らしの負担になってしまう場合に債務整理で借金をすべてまとめて一元化することで毎月の返済額を相当額減少することができるという大きな利得があるでしょう。

銀行に借金をしている場合は、債務整理を行うとその銀行口座を凍結される可能性があります。ですから、事前にお金を引き出しておいた方が利口です。銀行はリスクマネジメントを行い、口座を凍結してその預金をおろせないようにしてしまいます。
口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行側から見れば、そうでなければ困ることなのです。

実際に債務整理を行う際の注意点です。これは借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。しかし、手続きが終わるまで数ヶ月は見ておかなければいけません。
もしかすると、この債務整理中にも、また借金をしてしまう人がいるかもしれません。とはいえ、債務整理の最中に新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

このような行動が明るみになってしまうと、裁判所での立場が悪くなって、免責許可が下りず借金の支払義務だけが残るケースもあります。あらためて計算しなおした過払い金を今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、この特定調停という制度では返金請求できず、ただ債務がゼロ円になるだけの話です。もし過払い金が戻ってくる可能性が高いと解っているのだったらこうした特定調停はやらずに、過払い金請求を行うほうが実益があると言えます。債務整理をすると、その負担を軽くすることができます。けれども、債務整理をした事実は、信用情報機関に登録されてしまうでしょう。

つまり、ブラック状態になるため、ローンやキャッシングの審査を通ることができなくなります。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、気を付けなければいけません。
借金の返済が滞ったらすぐに債務せいりをするのではなく、まずは「おまとめローン」などで借金の一本化を図ってみてはいかがでしょうか?借金の額は減らないとはいえ、まとまった一つの高額借入になりますから、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。借入先がひとつになったことで、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。
このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で債務整理の手続きを取るのも良いでしょう。

借金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。
借金返済だとしたら終わらない